新聞は縹緲と広がる情報の海<nobr>を渡る航海図</nobr>

新聞は縹緲と広がる情報の海を渡る航海図

情報をいつでも何処でも得る事が当たり前の環境になりました。その反面、2020年には44ゼタバイトにもなるとも言われている、膨大な情報量とSNSで拡散されるフェイクニュースに溺れてしまうリスクが高まりました。新聞は限られた紙幅に専門の記者が何重もの裏付けを取り、校閲のチェックを受け、編集にて取捨選択・優先順位付けが行われてから初めてリリースされます。何かと忙しい現代だからこそ、無駄なく・正確に・迅速に情報を得るために適したメディアです。