社会人として

社会人として

 

読者の皆様、はじめまして!

4月1日より入社致しました、笠井優大と申します。心構えとやる気ばかりで知識も経験も伴っていない若輩者ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、私が入社式を終えて初めに携わった仕事は号外配りでした。5月より施行される新元号『令和』の交付を伝える号外です。配布時間には既に新元号の情報は広まっていました。けれど行き交う方々が競うように手に取って頂きました。嬉しかったと同時に何か可能性を感じました。知らな方世界へ足を踏み入れる不安もありますが、同時に期待を持っております。

人の心根はそう簡単に変わらないと思っています。時代によって人の心が急速に進化などせず、変わるのは人々の表現だけ。斜陽とささやかれるこの新聞業界で、販売の仕事を選んだ理由も、人の心に伝えることができる仕事だからと思ったからです。確かな情報は勿論のこと、言葉以上の想いをお届けしたいと思っております。

慣れない一人暮らしで鍋を焦がし、光熱費に悩む日々を送っていますが、一人前の朝日新聞販売人として、社会人として頑張ります!!

よろしくお願い申し上げます。

 

2019年4月入社 笠井優大

2019年4月21日 ASAHI モーニグジャーナル VOICE より