2019年5月05日(日) 

2019年5月05日(日) 

2019年5月05日(日) 北海道 朝日新聞 朝刊 13版 道内面より

 

大樹の夢 宇宙に咲く

 

民間単独でのロケット開発に挑んでいる、大樹町のロケット開発ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が4日午前5時45分に「MOMO」3号機を打ちあげた。

2年前の1号機は宇宙空間に到達せず、昨年の2号機は落下して爆発。発射まで何度もトラブルに見舞われた。3度目となる今年も3回延期した。苦労続きであったが見事に宇宙空間へ到達するという偉業を成し遂げた。

宇宙は夢でもあり憧れでもある。1号機から見物に足を運んでいる11歳の板垣君が、「将来、(中略)ロケットを作って、このような快晴の空で飛ばしてみたい」と語る様子が記事にあった。宇宙に憧れて、宇宙飛行士を夢見る子供は多いが、今回の成功で制作側への興味を持つ子供が増えるかもしれない。

大樹町長は支援を継続し、「舞台を作っていきたい」と述べている。北海道における宇宙開発がますます盛り上がるといいなと思う。

 

 

2019年4月入社 笠井優大