2019年10月5日(土)

2019年10月5日(土)

2019年10月5日(土) 朝日新聞 朝刊 社会面 32頁より

英語民間試験 大学36%使わず

2020年度から始まる大学共通テストで活用される英語民間試験の初年度利用は大学・短大1068校の内、大学は483校が予定であると文部科学省が発表した記事。約3分の1の大学が利用を見送ることになったようだ。

 

各校で利用方法が異なるために公平性が失われるのではないか、会場や費用格差への疑問は解消されていないではないか、具体的な公表が遅れている等のことから、受験生に不安が広がっていることを考慮した。混乱が続く中で、あえて使わなくても受験生に不利益は生じない、と見送った大学は判断した。

 

また、記事には4日夕方の国立大学協会前にて起きた〝民間試験の導入を示した協会のガイドライン撤回〟を求める抗議デモも報じている。高校2年生の男子高校生は「入試に向けて色んな不安を抱えながら勉強しています」と訴えていた。

 

大学にも受験生にも混乱は続いている。2020年の入試まで猶予はもう、ない。日々変化する時代のため、教育改革は実施すべきだが現場に混乱を生むだけでは意味がない。受験は一生を左右する。私もぎりぎり合格し、卒業することができたから今がある。ただでさえ不安な受験生にとって、安心できる試験にしてほしいと思う、と記事を読んで思った。

 

 

2019年4月入社 笠井優大(24歳)