日本航空のジャンボ機墜落から35年

日本航空のジャンボ機墜落から35年

日本航空のジャンボ機墜落から35年

2020年8月12日 朝日新聞朝刊 社会面より

日本航空のジャンボ機が群馬県上野村御巣鷹の屋根に墜落した事故から12日で35年経った。私が生まれる11年前に起きた惨事だ。単独機の事故としては世界最悪の520人が犠牲になった事故だが、風化が進んでいるそうだ。前職の仕事柄、この事故は知っていたが、記事を読んで改めて知らない部分がある事や、風化している事実について考えさせられた。

今年は新型コロナウイルスの影響で毎年行われている慰霊登山を見送る遺族が多いそうだ。尾根は標高150メートルを超える急斜面にある。登山道の整備が進んだとはいえ、急な階段がいくつもある。入り口から大人の足で40分ほどかかる険しい道のりだ。高齢化が遺族で進み登れなくなる人も増えているという問題もある様だ。

遺族の山本昌由さんが2013年から御巣鷹を撮影した画像約100点を、グーグルの「ストリートビュー」で公開している。私も実際に利用してみたのだが、とても画期的だと思った。その土地から離れていて実際に訪れる事が出来ない人でもスマホやパソコンから簡単に現場を見る事が出来る。この事件を知らない若い世代は是非、画像を見て欲しい。きっと考えさせられると思う。風化させないためには若い世代が知ることが大事だと思う。

事故についてさまざまな陰謀説や憶測が飛び交っている。二度とこのような惨事が起こらないで欲しい。その為に私はまず知り学ぶことから始めてみようと思う。

 

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年8月入社:伊藤杏奈