何か変だよ校則 今も昔も

何か変だよ校則 今も昔も

6月2日(日),朝日新聞朝刊13版,15面より

 

私の高校時代にも校則がありました。とくに服装と髪形に厳しく、男子は頭髪が眉毛と耳に掛かってはいけない、黒髪でなければいけないという決まりがありました。私は地毛が茶髪気味のため、最初の検査で注意を受けました。また、私の友人でJRにて一緒に通っていた友達が、ネクタイを忘れたがために取りに行かされたこともありました。

 

この記事のアンケートでも、回答した方々のうち約半数が学生当時の校則をおかしいと思っていたようです。保護者の中には厳しい校則を歓迎する方もいると思います。しかし学生にとっては根拠や目的が良く解らない校則に縛られることが苦痛で、成長を妨げる恐れもあると思います。

 

社会では法律や条令など守らなければならない決まり事が存在します。学生にとっては学校が「社会」です。そして学校は大人になった時のためのルールを学び、卒業後に社会人となるための訓練の場でもあります。その意味では校則は必要だと思います。しかし、尋常の範疇を越えた校則で学生を縛ることには反対です。校則は学生の自主性を育てることを目的であって欲しいと思います。

 

金澤光起