人に言われるのが嫌いだから、勉強も自分から

人に言われるのが嫌いだから、勉強も自分から

2020年2月9日(日) 朝日新聞朝刊別刷り 『EduA』4頁 『ハイスクール・ラプソディー』より

 

最新作が放送中の北海道テレビの番組「水曜どうでしょう」。大泉洋、鈴井貴之が出演する人気作を手掛けている藤村忠寿Dが今回のゲスト。低予算なローカル番組を全国的な人気に押し上げたディレクターは、どのような学生時代を過ごしていたのかインタビューされている。

 

藤村Dは一貫して「人に言われるのは嫌だ」「率先して自分から」と話している。小学校の頃、一日中テレビを見てばかりじゃダメだろうから〝自発的に〟勉強をしていたので成績は良かった。難関の入社試験も、学生時代にカメラマンの助手をまじめにやったことで合格することができた。『水曜どうでしょう』も誰かに言われてやると不満がたまるから、やりたいことをやっているだけ。率先して手を挙げるのが自分の役割だと述べている。

 

勉強に限らず、自発的に考えて動く〝行動力〟は大切だと、身に染みている。自分のスタイルで生きることが楽しいのは間違いないと、共感した。

 

 

 

2019年入社 笠井優大(24歳)