キャトルヴァン【フレンチ レストラン】

キャトルヴァン【フレンチ レストラン】

手稲区 ほしみ駅 最寄り

テイクアウトも充実のフレンチ

昨年秋にショップインフォでも掲載させて頂いたフレンチレストラン
キャトルヴァンさんの再掲載です。

https://asahi-sapporo.co.jp/未分類/キャトルヴァン【quatre-vents】/

現在、自粛期間に伴い様々な対策を行っているキャトルヴァンさん。
店内へのご案内を一度に3組様に限定して密を回避しています。

高い天井、行き届いた換気、パーティションで素敵に仕切られた開放的な空間で通常メニューも楽しんで頂けます。

暖かい日には屋外のテラスでキッシュセットも。(テラス席はコース料理不可)
そして、
ステイホーム応援のテイクアウトは種類も増えて更に充実しています。
事前のお電話でご予約ください。(メニュー詳細は公式HPをご確認ください。)

オーナーお勧めメニューはキッシュと北海道産若鶏のコンフィ(しおorみそ)。コンフィとは低温のオイルでじっくりと煮込む事で旨味を引き出し、しっとり柔らかく仕上げる製法です。
応援価格のシェフズコロッケは1つ150円。プロの味をご家庭で楽しめ、コスパも最高ですね。
テイクアウトメニューはご希望により、温めてご提供出来るものもあるとの事。事前のお電話でご相談ください。

Quatre Venz(キャトルヴァン)
北海道札幌市手稲区星置3条9丁目10-11
最寄り駅:JRほしみ駅
電話:011-676-4116
http://4vents4.com/
営業時間(昼)11:55~15:00(LOコース13:30、カフェ14:00)
※当分の間、店内席を1〜3組限定のご案内とさせていただきます。事前にご連絡ください。
※テイクアウトは当日OKです。(11:30~19:00)
※コースは事前連絡。
※スタッフ対応人数にて満席とさせて頂く場合があります。
営業時間(夜)18:00~20:00(LO19:00)
※要予約。
※当日の場合は16時までにお問合せを。
定休日:火・水曜(祝日の場合は営業)
クレジットカード:利用不可
禁煙席:喫煙席なし
駐車場:8台
平均予算:昼コース 3200円~
     夜コース:4300円~
     焼きたてキッシュセット1350円~
     席数:24席(夏季のテラス8席)

 

 

 

 

 

 

ブーランジェリー ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド

ブーランジェリー ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド

あの、「オテル・ド・カイザー」で修業!

宮の森発 ルルドのパン

かつてウィンザーホテル洞爺内で営まれていた「オテル・ド・カイザー」で
修業されたオーナー高峰さん。宮の森でオープンして14年のパン屋さんです。

札幌市内を見下ろす高台に位置する一軒家。漆喰の壁にグリーンの看板が映えます。
パンの種類は約30種類ほどあり角食も人気との事です。

天然酵母ルヴァン種を使用したフレンチスタイルのパンは、
バゲットなどハード系やヴィエノワズリー(菓子パン)まで豊富な種類があります。
スムールというバゲットのような細長い形状のパンは、トングで掴むと予想に反し柔らかい
感触。ひと口食べるともっちりとした食感とシンプルな塩味、何も付けなくても
Lサイズを一本完食してしまいそうな美味しさです。
スタッフさんのお話では、スムールにはオリーブオイルが入っているとの事。

ファックスにて主要なパンの通信販売も行っています。

ブーランジェリー ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド
札幌市中央区宮の森4条12丁目10-1
TEL/FAX 011-616-2320
平日10:00~18:00 土曜・日曜・祭日 8:30~18:00

※月・火・水曜定休日
http://miyanomori-lourdes.com/

ベッカライ島田屋

ベッカライ島田屋

パンが好き!毎日が楽しい!

そのエナジーでみんなが笑顔に

ベッカライとはドイツ語でパン屋さんの意味です。
モスグリーンの外観に意匠性を持たせた赤い窓枠のトリム。
印象的なデザインの一軒家ベッカライです。
店主の島田さんは、パンが好き!物作りが好き!という強い思いで創業されて20年。
かつて北海道ではパン・オ・ショコラや本格的なクロワッサンが買えるパン屋さんは少なく、
島田さんがフランスを長期滞在した際に毎朝食べていた美味しいパンを北海道でも作りたいと
思ったそうです。
無添加・無着色にこだわり、人気のクリームパンは鮮度を考え冷蔵用のショーケースに入っています。
それ以外のクロワッサンやパン・オ・ショコラ、メロンパンなどの菓子パン、ホットドックなども
専用のショーケースに陳列されとても衛生的です。
旭川家具で特注で作られたショーケースに並ぶおいしそうなパンと店内の雰囲気は、まるで映画
のワンシーンのよう。
イギリスパンはトーストすると、驚くほどにサクサクとした歯ごたえでとても美味しく、
パン・オ・ショコラはショコラのビター感がパンの甘味を引き立てて食感も良い一品。
北海道産小麦を使用して、朝2時くらいから島田さん自らが仕込みます。
力仕事で重労働なのに、
「パンを作るのが楽しい!私が食べたい美味しいパンを作っています。」
と店主の愛情、思いがたくさん詰まったパンをエネルギッシュに提供してくれています。

大手百貨店からも出店依頼が来る、その美味しさに定評のあるパン屋さんですが、ひとつひとつ丁寧に
作られたパンを、あまり目立たない場所でひっそりと営んで販売しています。
宣伝をほとんどしていないとの事ですが、隠しきれないその美味しさで地域の人気店となっています。

ベッカライ島田屋

北海道札幌市北区北二十七条西10-5-1
JR学園都市線「新川駅」から徒歩約13分
市営地下鉄南北線「北24条駅」から徒歩約17分
011-707-7001
営業時間 9:00~17:00
日曜営業 定休日 月曜・火曜
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
円山茶寮(まるやまさりょう)

円山茶寮(まるやまさりょう)

時計を外して懐古する

珈琲、音楽、そして甘味。

昭和62年(1987)に古民家を再利用してオープン。日本がバブル景気に沸いていた時期です。
洋画ではトム・クルーズの「トップガン」がヒットした年というとイメージ出来るミドル世代も
多いのではないでしょうか。そう考えると、歴史あるカフェですね。
古民家カフェが流行する前から時代を先取りされていました。

オーナーの村田さん曰く、当時はファミリーレストランなどのチェーン店が次々と軒を連ね、
昭和の時代を台頭していた「歌声喫茶」や「ジャズ喫茶」のような喫茶店文化が次々と廃れ、
古きよきものが失われつつある時代だったといいます。
そんな中、昭和の雰囲気を残した喫茶店を作りたい、そんな思いでオープンしたそうです。
創業当初からある「いちごぜんざい」は甘すぎない和デザート。

〆パフェならぬ〆和甘味なんて如何?

と深夜12時まで営業のカフェならではのキャッチコピーが浮かんで来ますが、
オーナーの村田さんはいたって硬派な喫茶店を貫きたい姿勢の様子。

ひとりでふらり、訪れるお客様の時間を。
かけがえのないゆったりとした時間を過ごしてほしい。
その為の、珈琲であり、甘味であると言います。

しかしながら、このいちご善哉。
いちごアイスの上に十勝産小豆がたっぷりと入り、その上に山盛りのいちごソース。
甘味といえどもなかなかのボリュームで満腹感があります。
甘すぎない小豆と、別添えのお漬物の塩味がいちごの美味しさを引き立ててくれます。

ふらり、また訪れたくなるカフェです。

 円山茶寮(まるやまさりょう)※営業時間 短縮となっております。
【住所】北海道札幌市中央区北四条西27-1-32
【交通】地下鉄:東西線「西28丁目駅」から徒歩約4分
【駐車場】あり(無料)
【定休日】木曜日(祝日の場合は営業)
【営業時間】11時~24時(2020年6月から当面の間22時までに変更)
【電話番号】011-631-3461
 ※全面喫煙可 (時々 猫さん)
和食創庵 六花(むつのはな)

和食創庵 六花(むつのはな)

儚くも 可憐で

繊細な美しさを

料理で表現

地下鉄東西線 西18丁目駅から徒歩三分の好立地に位置する 六花(むつのはな)

和食創庵 とあるように、オリジナリティあふれる創作和食をランチとディナーの両方で提供するお店だ。

近くに中央市場を望む場所柄もあり、旬の素材をシェフ自ら出向き、少量づつ買い付けて鮮度に拘りお客様に提供している。
和食というと、少し敷居が高いイメージがあるが、老若男女にカジュアルに味わってほしいとシェフの小野さんは言う。

関西で修業中に魅せられた赤出汁の美味しさを北海道で提供したいとの想いから、拘りのお味噌を京都から取り寄せランチにも取り入れている。
プチデザートはジェラート専門店 レヴァーロさんに特注で依頼し、和の食材とのマリアージュを考えた極上のジェラートも味わえる。

珍しい日本酒の銘柄も各種取り揃えており、日々、この日本酒にはどの あて が合うかをスタッフさんと共に探求し、美味しい日本酒と あて のペアリングのイベントなども考えているそう。

ワインのようにこのお料理にはどの日本酒が合うの?など気軽に聞いてみて!

ご予算に応じたコースのカスタマイズも可能。

和食創庵 六花(むつのはな)

電話:011-590-0778
住所:北海道札幌市中央区北1条西20-1-20 カレラ北1条ビル1F
営業時間:11:00~14:30(LO14:00)
     17:00~22:00(LO21:30)
アクセス:市営地下鉄東西線西18丁目から徒歩3分
     西18丁目駅から423m
※カード決済可能
席数:26席
貸切:可(※人数等 お問合せ下さい)

ランチ 禁煙、ディナータイムは電子タバコのみ可
お子様連れ歓迎、車椅子 可能
公式アカウント:https://www.facebook.com/maruyama.mutsunohana/