元日は勤労感謝の日

元日は勤労感謝の日

今日は元日。人手不足や働き方改革でデパートも、スーパーも、飲食店も休みが多くなっている。隣のセコマは昨年から元日の営業を休んでいる。9月6日のブラックアウトには及ばないが、街は静かで灯りが少ない。「24時間戦えますか」は昭和から平成に変わった、翌年に放送された栄養ドリンクの有名なキャッチフレーズ。いま放送するとすぐさま「ブラック」のレッテルを張られて拡散して炎上するだろう。

そんな時代の変遷を感じながら車を走らせていると、20台くらいが列をなして待機しているところに遭遇した。「なんだろう」と思って降りてみると、大通西19丁目にある夜間急病センターだった。センターに入ってみると大人も子供もシニアも合せて50人くらいがいた。ここに働く方々は、まさに「24時間戦えますか」だなと頭が下がった。そう思いながら周りを見渡すとコンビニもファストフードも、電力会社も鉄道もバスも「当たり前」のように動いている。向かいにある出前寿司店はドライバーがミツバチのように忙しそうだ。

来年4月から働き方改革関連法の一部が施行される。「残業」「休日返上」が美徳なんて昭和な価値観が変わることは大歓迎だ。けれど、もし社会全体が「元日休業」したらどうなるだろうか?自然の猛威によって9月6日後は、北海道の多くの企業が休業を余儀なくされた。あのようになってしまうのだろうか。

新聞販売店にとって元日配達は1年の締めくくりでもあり始まりでもある。1年で最も分厚く重たい新聞を届ける。社員もアルバイトも「元日だからこそ」休まない。その使命感と頑張りに販売店は支えられている。それは決して「当たり前」ではない。社会もそうだと思う。元日でも頑張ってくれる人がいて初めての元日なのだ。そうでなければ、あの日のように街から賑わいも灯りも消えてしまう。それは例え1月1日であっても元日とは言わないだろう。この日も働いてくれる方々に感謝して元日を過ごしたいと思う。

朝日新聞札幌中央販売(株)
取締役営業本部長 吉井 仁

子離れ

子離れ

25歳の長女を嫁ぎに出した。式と披露宴は凄く練習された演劇のように進行した。私はお世辞にも似合わないモーニングを着て、新婦の父を演じているみたいだった。長女からブーケを胸に付けて貰うクライマックスの場面では、自分でも意外なほど冷静だった。妻と次女と帰路についたころから、思い出が走馬灯のように脳裏を巡った。いつの間にこんな日を迎えるようになったんだろう

長女は大学4年の時に授かった。当然、お金も育児の知識も経験もない。私がする育児はお風呂に一緒に入るくらい。シャンプーハットを被った長女に「雨ふりま~す」と言って洗髪したことは良く覚えている。8歳のころX’masイブの夜は枕元に、サンタさんへのお手紙とお菓子を用意していた。中学3年になった頃から反抗期に入って妻と衝突することが増えた。それを観て怒鳴ったこともある

いま思い起こすと、どれだけ幸せで充実した日々だったか、もっと一緒の時間を作っておけば良かったと悔やむ。仕事にかこつけて子育ては妻に頼りっきりだった。その苦労の10分の1も解っていなかったと思う

嫁ぎに出した10日後の11月28日朝日新聞朝刊道内面に「札幌の朝 街を覆う2重の虹」の記事があった。記事にある2重の虹の写真は、嫁いだ長女への祝福と苦労を掛けた妻への労いだと勝手に解釈した。祝福も労いも2倍になった。その記事を新郎に送った。娘を幸せにしてやって下さいと添えて。これにて演劇は幕を下ろした。

朝日新聞札幌中央販売(株)
取締役営業本部長 吉井 仁

ひととき

ひととき

お盆に釧路へお墓参りのため帰省した。2月に生まれた姪っ子に初めて会えるという事もあって、いつもよりワクワクしていた。ちょうど人見知りの頃だろうから、抱っこはさせて貰えないだろうなと思っていた。けれど私の顔を見るなり可愛い笑顔を見せてくれた。一点の曇りもない天使のような笑顔だった。

姪っ子がちょっとでも泣きそうになると、「どうしたの~」と我先にお世話を名乗り出る小学、高校、大学の我が娘たち。それは人気アイドルの握手会順番待ちのようだった。「あなた達のような子どもじゃ無理だよ」と思いながら、姪っ子をあやす娘たちを観ていた。ところが姪っ子は抱っこされてニコニコと上機嫌だった!3人の我が娘の姿は母親そのものだ。

この前まで小さかった娘たちがお世話する姿を観て想った。時が過ぎるのも、子どもの成長も本当に早い。成長した子どもに頼もしさを感じつつも、短い釧路の夏の匂いが残ったそよ風が通り過ぎて行った。

主婦:C.S

言わせてもらおう

言わせてもらおう

小学1年生の姪に夏休みの自由研究の手伝いをお願いされた。可愛い姪に頼りされて嬉しくて張り切った。

姪は海で拾った綺麗なガラスをテグスで繋げて風鈴を作りたいようだ。サポートしながら接着剤を塗らせてみると、小学1年の拙い手では上手に塗れない。テグスを持たせても上手に巻きつけられない。「このままじゃ失敗に終わるかも。」と不安になった。姪の母親である私の妹に「手伝って!」と声を掛けた。徐々に妹と私は要領を掴み始めて面白くなってきた。1時間ほどかけて仕上がったソレはとても綺麗だった。

姪は研究に飽きてしまってテレビに集中していた。ちょっと待てよ‥‥これは一体誰の自由研究だったっけ?そう思っているところに姪がツカツカと寄ってきて「出来た?」のひとこと。

私と妹は「もう1個自分で作りなさい!」と声を揃えた。姪は「はー?なんでー?2個もいらないわー。」乳歯の抜けた口をポッカリあけて、威風堂々とした顔をしていました。

 

- 主婦 S.K.-

夏休み

夏休み

夏休みの習い事と言えば定番は水泳教室と塾。最近ではハーバリウムなんかもある。
どれも短期で気軽なものが多い。なかには1コマ500円で楽しめるものも。

2020年から小学校でプログラミングが必修化されると聞いて、子どもと一緒に体験会に参加してみた。2人1組でPCに向かい合って、自分達のプログラムで動くロボットに「オー!!」と驚き、「次はどうするの!?」と目を輝かせていた。右折させるためには、どのタイヤを動かすと曲がるかなとチームで考え、学んだことを応用してプログラムしてみる。動かしてみると「逆に曲がっちゃった」と、残念そうにしながらも間違いを見つけ修正して取り組んでいた。

真剣な眼差しであっという間だった。日頃に出来ない事を体験する夏休みは、いつの時代も子どもにとって、キラキラと輝いていて夢と希望に溢れている。

 

- 主婦 A.S.-