鈴木知事の就任2年目は?

鈴木知事の就任2年目は?

札幌勤務3年目になります。昨年5月から道庁の担当になり、38歳の若い鈴木直道知事を取材しています。

鈴木知事は元東京都庁の職員で、夕張市長を経て、昨年4月の知事選で圧勝して知事に就任しました。細面でスラッとした美男子です。加えて普段の記者会見などでも失言がなく、人気が高いのも分かります。

そんな鈴木知事ですが、前任の高橋はるみ知事同様、公務員出身だけに部下の書いた原稿に沿った答弁や発言に終始することが多いのも事実です。「面白味がない」とか、安全運転で「若さがない」といった評価がつきまといます。

我々報道する側としては「安全運転」より多少、自分の言葉で語ってもらった方が、その政治家を報道し甲斐もあるというものですが、それはそれで鈴木知事の個性ですので仕方がありません。

就任以来の9カ月を見てきて、鈴木知事は3つの大きな決断をしました。

一つ目は副知事全員の交代。二つ目はカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の是非。三つ目は幌延深地層の研究延長についてです。

5月、副知事の全員交代は道政では初でした。通常は最低でも1人は残して道政の継続性を保つものですが、思い切った人事刷新のアピールとも言われています。

二つ目のIRは全国で最大3カ所が選ばれると言われている中、鈴木知事は「誘致に挑戦」と表明はしましたが、2年後の申請は見送るという分かりにくい決断でした。

三つ目は幌延町で行われているいわゆる「核のごみ」と言われる放射性廃棄物の最終処分場に関する研究の延長の是非です。「核物質は持ち込まない」という約束のもと、地元の町の意向も受けて、「継続」を判断しました。

2月下旬からは、道議会で鈴木知事になって初めての本格予算の審議が始まります。就任2年目に向けて鈴木カラーをどう示していくのか、注目していきます。

 

朝日新聞北海道報道センター記者 戸谷明裕

【写真説明】

道庁の会議で幹部たちに話す鈴木直道知事(中央)

球春到来

球春到来

 球春到来を告げる「第92回選抜高校野球大会」の出場32校がこのほど決定し、北海道からは十勝地区の白樺学園、帯広農がともに初選出された。特に帯広農は全国9校の候補の中から3校が選ばれる「21世紀枠」で甲子園切符を手にした。北海道の同枠選出は13年の遠軽(北見地区)以来7年ぶり4校目となる。 同校は昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で女優・広瀬すずが演じるヒロイン・奥原なつが通っていた「十勝農業高校」のモデルになったことで注目された。部員のほとんどが将来は家業の酪農に従事するため進学しており、所属学科に応じた農業実習があるため、平日には全体練習ができないなどの環境面のハンディを抱えている。しかし、農業校らしい工夫で乗り越え、昨秋の全道大会では公立校で唯一ベスト4入りしたことが評価された。 代表校発表の1週前にチームで20年のキャッチコピーを考案したそうで、その名も「すず野球」。「スピード」「スマイル」「素直さ」の「す」と、「ず」は「頭脳的に」「ずばぬけた物を持とう」の頭文字から取ったという。同校は過去82年夏に1度甲子園出場を果たしているが、2回戦で益田(島根)に2-5で敗れている。以来、38年ぶりにつかんだ夢切符。舞台は〝お茶の間〟から〝甲子園〟に移るが、爽やかな「なつぞら旋風」をアルプススタンドにもぜひ巻き起こしてもらいたい。 また、昨年の秋季全道覇者で神宮大会4強入りした白樺学園は、一般選考で文句なしの選出。過去に甲子園は夏3度(06、11、15年)出場しているが、11年の1勝(1回戦で鳥取商に園長11回3-2)のみ。チームは神宮大会での経験を生かし、1大会2勝以上を目指している。昨年も前年の神宮大会Vで札幌大谷が「神宮枠」を獲得しており、北海道は2校出場だった。今年も野球ファンにとっては春の楽しみが2倍になるのだが、十勝勢が「ワンチーム」となってともに快進撃をするシーンを見たい。選抜甲子園の開幕は3月19日、今から対戦相手が決まる3月13日の組み合わせ抽選会が待ち遠しい。                                       <日刊スポーツ販売部長 長内 準>

小学生新聞 「生物たちの地球」を読んで

小学生新聞 「生物たちの地球」を読んで

私は、前川貴行さんの「生物たちの地球」のキバラマーモットについて書かれた記事を
読みました。キバラマーモットはアメリカにあるイエローストーン国立公園にいて、
大きさはだいたい家猫位のリスの仲間です。

この記事を読んで思った事は、モフモフしてかわいいと思い、この記事にしたんですけど
よく見たら、かなりするどい表情をしてたので、そこもすごくかわいいな。と思いました。

あと、最初にリスの仲間と言いましたよね。じつは、キバラマーモットはリスの仲間の中で
一番大きいと書いてあったのでそれもすごいな。と思いました。

                              市内小5 ゆづき

ゆづき画:キバラマーモット

いよいよ、オリンピックイヤーの幕開け

いよいよ、オリンピックイヤーの幕開け

「えーっ」「なんだって」

去年10月16日夜、翌日の朝刊紙面もそろそろ固まり始めていた時間でした。

北海道報道センターのデスク席には、東京、名古屋、大阪、福岡の各本社デスク間のやりとりが音声で流れる「ホットライン」があります。記者たちがデスク席に集まって、そこから流れてきたニュースに、口々に驚きの声を上げています。

ほどなく朝日新聞デジタルで「東京五輪の男女マラソンについて、国際オリンピック委員会(IOC)が猛暑対策で、コースを札幌に移す検討に入ることが分かった」という速報が流れました。

その夜は札幌市幹部の話を聞こうと電話をかけまくり、市スポーツ局に飛んで行ってどんな情報が入っているのか聞いたりしましたが、誰もが「寝耳に水」。それが「マラソン騒動」の始まりでした。

大会組織委員会と道・市との会議は急に開かれることがしばしば。逆に決まったと思ったらキャンセルになることも。組織委員会が札幌入りするのに伴い、東京からのメディアもやって来て、報道陣はどんどん膨れ上がります。写真を撮影しやすい場所を考えたり、声が聞き取れるポイントに陣取ったりするのに必死でした。

多忙な秋元克広・札幌市長の取材も、数分間だけ報道陣の質問に答える「ぶら下がり」取材です。最初は「札幌の名前が挙がって大変光栄」とにこやかだったのが、東京都に配慮してか、だんだん固い表情に。それでも12月19日ようやくコースが決まった時は、ほっとしたような面持ちでした。

2020年、オリンピックイヤーが始まりました。大通公園のビアガーデンがどうなるか気になりますが、札幌の街で世界トップレベルの選手を間近に見られるのは大きな楽しみです。北海道版でも新年から、オリンピックにちなんだ記事をたくさん掲載していきます。みなさま、どうぞお楽しみに!

朝日新聞北海道報道センター記者 芳垣文子

【写真説明】

昨夏の北海道マラソン。五輪マラソンのスタートもこの付近になることがようやく決まった=札幌市内

金環食 グアムで観測 朝日新聞の記事を読んで

金環食 グアムで観測 朝日新聞の記事を読んで

私がこの記事を読んで思った事が2つあります。 一つ目は、見た目についてです。

その記事には、写真も載っていて、写真でも、ものすごく きれい だったので、
実際に見てみたいな。と思いました。

二つ目は、日本で次見られる日です。

なぜかと言うと、 次に見られるのは、

2020年の6月21日なので、 けっこうあと少しだな。 と思いました。

その日に自分の目で見られるように忘れないようにしようと思います。

市内小学五年生 ゆづき