スポーツ雑記9月号

スポーツ雑記9月号

コロナ禍で史上初の試みとして8月10日から17日まで開催された「甲子園高校野球交流試合」は、16試合がどれも熱戦で見ているものを感動させてくれた。とりわけ、帯広農が、高崎健康福祉大高崎(群馬)を4-1で破り、甲子園初勝利を挙げた1戦はお見事だった。21世紀枠のチームが地区代表チームに勝つのは15年松山東以来5年ぶり。相手は昨秋の関東大会優勝、明治神宮大会準Vの強豪校だったが、臆することなく「堅実野球」で大きな1勝をつかんだ。
とにかく笑顔で、とにかく全力で。82年夏以来38年ぶりとなる大舞台を満喫する帯農ナインの喜びが、こちらにもひしひしと伝わってきた。コロナ禍で5月20日に夏の甲子園中止が決まった際、3年生部員の大半が引退を考えたという。6月上旬に北海道独自大会開催が決まり、再び前に踏み出した。引退を考えた1人だったという主将の井村塁投手(3年)は「帯農の伝統を受け継ぎ、最後に甲子園で勝てて良かった」と喜んだ。
農業校ならではの取り組みが実った。冬場、野菜を管理する雪室を実習室につくる作業がある。スコップでコンテナに約10キロの雪を詰める作業をひたすら繰り返す。足が不安定な中での作業は下半身強化につながった。大豆の選別実習は約1時間、ピンセットや指を使って、傷のあるもの、サイズが足りないものを休みなく仕分けする。これが集中力を養うのに役立ったという。
また、部員の半数が農家の後継者であるため、コロナ禍で学校のグラウンドで練習できない期間は、実家が農家の選手は広大な敷地を使って体力維持に努めてきた。ビニールハウス内でキャッチボールを続け、ボール感覚を忘れないようにしていた選手もいた。3回、5回、6回のいずれも無死一塁のピンチを併殺で打ち取る堅守につながったのだろう。
敗れたとはいえ、しんがりの最終戦で登場した白樺学園の戦いぶりも本当に素晴らしかった。また、惜しくも甲子園には出場できなかったが、南北海道大会を制した札幌第一、北北海道大会を制したクラークの〝特別な夏の覇者〟の選手、指導者の皆さんにもひときわ大きな拍手を贈りたい。さわやかな旋風を甲子園に巻き起こした帯広農、秋の地区大会(十勝支部は9月12日開幕)を目指し新チームが20日に始動した。

<日刊スポーツ長内 準>

はじめまして

はじめまして

はじめまして、8月に入社しました伊藤杏奈と申します。東海大学国際文化学部国際コミュニケーション学科出身で、準硬式野球部のマネージャーをしておりました。趣味は旅行、スポーツ観戦、韓国ドラマ・映画・アイドルを見る事です。食べる事や寝る事、ファッション、猫など動物も好きです。上記の写真は実家で飼っているスコティッシュフォールドのライルです。6歳の男の子です。

大学在学中から合わせて2年間程新千歳空港で働いておりました。新千歳空港では、これまで自分があまり関わった事のない年齢層の方や国籍の方とお会いする機会が多く、毎日が学びの連続で刺激的でした。しかし自分の成長したい方向性を考え直し、このままでいいのかと悩んでいる時に朝日新聞札幌中央販売とご縁があり事務員として入社させて頂きました。

今年に入り新型コロナウイルスが流行し始め、空港内から外国人の方が見えなくなり、さらには日本人もほとんどいない時もありました。長く勤めている防災センターの方が、こんなに人がいない空港は初めてだとおっしゃっていました。未知のウイルスに怯えながらも出来るだけ対策をして働いておりましたが、そんな時でも空港関連のニュースがテレビに出ると、それを見ていたお客様から「空港のせいでウイルスが蔓延する」というような内容の苦情がたびたび来るというような状況でした。全ての人が納得する事の難しさを改めて感じました。

今は右も左もわからない状態ですが、周りの方々に支えて頂きながら無事入社1週目を終えるところです。新聞業界についてはわからない事ばかりですが、一日でも早く一人前になれるよう先輩方からたくさんの事を吸収し、日々成長していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

昨日、「朝日新聞深読み」に記事を投稿させて頂きましたので、お読みいただけると幸いです。

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年8月入社:伊藤杏奈

スポーツ雑記8月号

スポーツ雑記8月号

みなさんは「道産子スプリンター」と言えばどの選手を挙げるだろうか。男子ならば08年北京五輪の400㍍リレーで銅メダル(※1)を獲得した高平慎士(旭川市出身)、日本勢3人目の9秒台となる9秒98をマークした東京五輪候補の小池祐貴(小樽市出身)、女子は五輪3度、世界選手権4度の日本代表歴を持ち100㍍、200㍍の日本記録保持者でもある福島千里(幕別町出身)が、陸上ファンのみならず広く一般の方にも知られていると思う。
今回は、昨年の日本選手権女子100㍍で29年ぶり高校生女王に輝いた注目株、御家瀬緑(みかせ・みどり、札幌市出身)にスポットを当てたい。今春、住友電工入りした御家瀬は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催延期されていた8月23日のセイコーゴールデングランプリ東京(国立競技場)での社会人デビューを心待ちにしている。
コロナ禍で待ちに待った今季初戦に御家瀬は「自己ベスト(11秒46)くらいの走りができればいいなと思ってます」。徐々に良い感覚をつかんでいき、連覇がかかる10月の日本選手権で1番良い走りができるように調整。今季中に11秒4を切るタイムを目指している。昨秋に痛めた右足甲も完治、冬季間は走れない時期が長く体の動きが鈍かったというが、キレも徐々に戻ってきている。
あこがれの福島と同じ、高校卒業後に実業団入りの進路を選んだ。小学6年時に福島が所属していた北海道ハイテクACのジュニアチームの門をたたき、同ACの中村宏之監督が指導する恵庭北高に進学し、間近で日本女子短距離界のエースの背中を追うことで実力をつけてきた。加えて、住友電工にひかれた理由の1つに同じ道産子の小池の影響があるという。
御家瀬の最大目標は24年パリ五輪になるだろうが、1年延期となった東京五輪も準備期間が増えたことで「目指せる」ものに変わってきた。「(東京)五輪までの約1年間でできる限りのことをやって力をつけていきたいと思います」。今後、熾烈(しれつ)を極める五輪代表レース、伸び盛りの〝スパート〟から目が離せない。
<日刊スポーツ長内 準>(※1) このレースで金メダルっを獲得したジャマイカのネスタ・カーターがドーピング陽性反応を示し、17年に銀メダルに繰り上げ。

<写真説明>

18年7月の日中韓3カ国交流大会女子400㍍リレーで日本の4走を務める御家瀬(手前)

あの舟盛りがたべられない

あの舟盛りがたべられない

4月1日付で札幌に着任した入社3年目の記者です。前任地は岡山県で千キロを超える大移動でした。

着任してすぐ、新型コロナウイルスの影響で閉店を決めた飲食店を取材した。札幌・ススキノ交差点からほど近いビルにある居酒屋「てっちゃん」。道外からも多くの客が訪れる予約の取りにくい人気店だったが、4月10日に閉店。45年の歴史に幕を下ろした。

店主の阿部鉄男さん(71)は明るく気さくな方で、店の食器などを段ボールに詰めながら取材に応じてくれた。「国鉄の官舎で生まれたから鉄男。あだ名がそのまま店の名前だよ」。魚釣りが大好きで新鮮な魚を出す店を作りたいと店を開いた。「お客さんに楽しんでもらいたい」。その一心で営業日は毎日市場に行き、ミニバンの後部座席がいっぱいになるほどの魚を仕入れた。

魚はその日のうちに売り切る。店の名物は1500円の舟盛りで、季節の地魚からウニやホタテなど20種類近くの魚介を盛りつけた。舟盛りだけでは赤字だが、厨房からお客さんの驚く声を聞くのが楽しみだった。

しかし、新型コロナの影響で3月ごろからキャンセルの電話が相次ぎ、週末なのに2組しか予約が入っていない日もあった。薄利多売の営業スタイルは大打撃を受け、店の冷蔵庫は売れ残った魚でいっぱいになった。アルバイトの従業員と一緒に海鮮丼にして食べたが、「ショックで味がしなかった」。3月にいったん臨時休業して4月に再開する予定だったが、そのまま閉店を決めた。

店のツイッターには全国から惜しむ声が相次いだ。拓銀の破綻もリーマン・ショックも乗り切った。しかし、「コロナは終わりが見えなかった」。阿部さんは7月、長年の仕込みで痛めた手の手術を決めた。営業中は痛みをずっと我慢していたという。退院したら娘と一緒に料理を作って販売する計画を立てている。

朝日新聞北海道報道センター記者 榧場勇太

 

【写真説明】

店主の阿部鉄男さん

コンサ、自粛期間中の過ごし方は

コンサ、自粛期間中の過ごし方は

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2月下旬から中断していたサッカーJリーグも、ようやく7月4日から再開の見通しとなりました。
北海道コンサドーレ札幌は4月14日からチーム全体での練習を自粛してきましたが、6月1日から再開。5日には紅白戦を行い、選手は全力で走り、ボールを奪い合う激しいプレーを見せ、実戦感覚を取り戻そうと懸命です。
自粛期間中、ペトロビッチ監督(62)は「ステイ ホーム」。試合中の守備での決めごとになぞらえて、「規律をしっかり守って、ずっと家にいた」といいます。
食事は2日間に一度、スタッフが自宅に運んでくれる食材を自分で調理。テレビの料理番組を参考にして、「チャーハンとペペロンチーノ(ニンニクと唐辛子を使ったパスタ)はお店に出せるぐらいの腕前になったよ」とちゃめっ気たっぷり。久々のグラウンドでは大張り切りで、身ぶりを交えて選手に指示を出し、好プレーに「ブラボー」と大きな声を響かせていました。
試合ができない間、選手会長の荒野拓馬選手(27)はボランティア活動に大忙し。新型コロナ禍で観光や消費が停滞し、商品が売れ残って困っている生産者を助けようと、特設サイト「レスキュー ヒーロー」を立ち上げました。道内だけでなく、他のチームの選手にも参加を呼びかけて全国へ輪を広げています。
6月4日には、北竜町の特産「ひまわり油」の3本セットを、町の職員とともにオンラインでPRしました。町の広大なひまわり畑は旧ユーゴスラビアの光景を参考にしたと町から説明され、「ミシャ(ペトロビッチ監督)の母国。縁を感じる」と荒野選手。石川直樹選手(34)はひまわり迷路を見学したり、町のヒーローキャラクターと共演したりしたいとリクエストを出していました。商品販売にとどまらない、現地とのさらなる交流が楽しみです。

朝日新聞北海道報道センター記者 岡田和彦

【写真説明】
全体練習をするコンサドーレの選手たち=6月2日、札幌市西区の宮の沢白い恋人サッカー場