甲子園が中止になっても…

甲子園が中止になっても…

2020年5月21日 朝日新聞朝刊 一面より

2020年5月20日午後4時すぎ、高野連は第102回全国高校野球選手権大会の中止を正式に発表した。選手の感染リスクだけではなく、休校による練習不足で選手のケガが予想されることも考慮しての判断であった。苦渋の決断であっただろう。だが、無観客でもいいから開催して欲しかった。選手のことを考えると言葉がでない。3年生にとってはこれが最後の夏であったのに…

この夏を迎えるまで、きっと選手1人1人にそれぞれ物語があったことだろう。1、2年生の頃はベンチに入れずスタンドで応援だったが、3年生で念願のベンチ入りを果たした選手。プロを目指し、甲子園での活躍を誓った選手。その物語の最終回がこの夏だった。最終回を迎えることなく終わってしまうなんて、あまりにも残酷ではないだろうか。

そして、この夏に向けて厳しい練習を積み重ねてきた選手たち。そこには多くのことがあったと思う。きっと涙もあったことだろう。この3年間はいったい何だったのか。そんな気持ちの選手もいるだろう。しかし、その3年間は決して無駄じゃない。仲間と切磋琢磨した日々。練習帰りにみんなで食べに行った牛丼。たとえ甲子園が中止になろうとも変わらないことがある。それは振り返ると3年間を共に歩んできた仲間がいることだ。どんな時でも励ましあい、共に成長し、大きな壁も乗り越えてきた仲間。

かつて甲子園で優勝投手となったハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(現日本ハム)は、大学時代にこんなことを言っていた。「僕は何か持っていると言われてきたが、何を持っているか確信した。それは“仲間”です。」みんなもすでにこれを持っている。そしてそれは、どんなものよりも価値があるものだと思う。アニメで言えば、ワンピース(大秘宝)だ。

また、各都道府県の高野連に、地方大会を独自で行うかどうかの判断が任されているが、これはぜひ開催してもらいたい。選手たちは開催されることを信じて、しっかり準備を行い、それぞれの3年間を全てぶつけて欲しい。そして、悔いのない最高のフィナーレを迎えてもらいたい。

 

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地

 

 

 

バントの奥深さ

バントの奥深さ

2020年4月27日 日刊スポーツ 野球面より

宮本慎也さん(元ヤクルト)が、野球のバントの基本を語ってくれた。宮本さんは現役時代、バント職人といえる存在だった。

記事で宮本さんは、構え・握り・方向の観点から、コツを語ってくれている。ホームベースにできるだけ顔を近づけ、視線の中にボールとバットの先が入るようにし、後ろ足を引いて構えることが基本だという。両手の間隔を近づけてバットを握り、やや先にボールを当てて打球の勢いを弱める。勢いを弱められれば、転がす方向は投手前でもいいという。

野球経験がない方は、バントなんて簡単と思っていることが多い。だが、かなりの技術が必要で、決して簡単なことではない。私は野球経験者であるが、バントは苦手である。監督からバントのサインが出たときは、緊張して心臓がバクバクとなった。

コロナウイルスが収束し甲子園やプロ野球が開幕したら、バントを意識して見て欲しい。選手によって構え方が違うことや、バントが苦手な選手などがわかって、観戦がもっと楽しくなると思う。そして、バントは地味だが、奥が深いということを知って欲しい。

今年の高校野球、プロ野球はいったいどうなるのだろう…

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地

阪神・藤浪、会見に臨む

阪神・藤浪、会見に臨む

2020年4月24日 日刊スポーツ 野球面より

コロナウイルスに感染し、すでに退院していた阪神タイガースの藤浪晋太郎投手、長坂拳弥選手、伊藤隼太選手が会見に臨んだ。約1か月ぶりとなった肉声の大半は、反省と謝罪で占められたようだ。

3選手は、外出自粛のムードが高まっていた3月中旬に、女性と会食を行い感染した。私は藤浪投手の大ファンだ。感染したと知ったときはショックだった。感染することは仕方ないが、プロ野球選手らしからぬ軽率な行動に呆れてしまった。しかし、実名報道によって嗅覚や味覚の異常が、症状として周知されるようになったことは評価されるべきことだと思う。そして、無事に退院してくれて本当によかった。

ここ数年、勝ちから遠のいてきた藤浪投手。オープン戦では、完全復活の兆しが見える試合が多くあっただけに、練習が全くできていない1か月間が非常にもったいない。けれど、プロ野球は開幕の見通しがつかない状況にある。準備する時間は十分にある。

藤浪投手の力投で日本中に元気を届けて欲しい。

そして160キロにも及ぶストレートと、得意のカットボールで、阪神を日本一に導いて欲しい。

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地

ペットが感染したらどうするの?

ペットが感染したらどうするの?

2020年4月22日 日刊スポーツ 社会面より

犬や猫などのペットを飼っている人は多い。私の実家でもチョコちゃんという名前のオカメインコを飼っている。コロナウイルスの感染拡大のさなか、ペットをめぐる様々な動きが出てきた。

記事によると、ペット保険大手のアニコムホールディングスは、飼い主が感染し入院した場合、ペットを保有施設にて無償で預かるサービスを始めたようだ。動物への感染例もあることから、もし自分が感染したらペットをどうしたらいいのか、わからない人が多いだろう。不安から飼育放棄する飼い主も現れるかもしれない。なので、このようなサービスがこれからもっと増えていく必要があると思う。

外出自粛が続くなか、犬のレンタルなどの需要が増えているという。このようなサービスがあることを全く知らなかった。動物と触れ合うことはいいことだ。疲れやストレスも癒してくれると思う。だが、レンタルした犬が感染してしまったら、いったいどうするのだろうか。

ペットを守るために一番大切なことは、飼い主が感染しないことだ。そのためにも、外出をなるべく控えて欲しい。それが収束にもきっとつながると思う。

ところで、チョコちゃんは元気かな?

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地

北の大地にも桜が開花

北の大地にも桜が開花

2020年4月21日 朝日新聞朝刊 道内面より

道内で今シーズン初となる「桜の開花」を松前町が宣言した。北の大地でも花見シーズンが近いようだ。コロナウイルスにより、不安な生活を送っているなか、桜の話題は心がホッとする。

今年はコロナウイルスによって、東京オリンピックをはじめ、あらゆるイベントが延期・中止されている。毎年心待ちにしている「名探偵コナン」の映画も延期になってしまった。各地の花見イベントもすべて中止になってしまうだろう。でも、消沈ばかりする必要なんてない。収束すればオリンピックも花見もできる。みんながマスクを外し、花見ができる日が来たら、満開の桜と澄んだ空気が疲れを癒し、不安な気持ちも忘れさせてくれるだろう。

全国を対象に緊急事態宣言も出され、外出自粛している人が多い。そんなときこそ何か熱中できることや楽しみを見つけたい。自粛している今だからこそできることが、きっとあると思う。「桜は花に顕る」のことわざのように、知らなかった新たな才能に気づくことができるかもしれない。コロナウイルスに多くのものを奪われたが、得るものだってきっとある。

ところで、コナンの映画はいつ公開されるのだろう….

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地