つながりすぎていない世界へ

つながりすぎていない世界へ

2020年4月16日 朝日新聞 文化・芸能面より

現在はSNSの発達により答えを求めればすぐに手に入る。つながりすぎている世界といえる。この記事では、つながりすぎていなかった時代を背景に描かれた「イエスタデイをうたって」というアニメの世界と、現在の世界を比べている。

記事によると私を含め多くの人々は、すぐに正解を求め、一刻も早くそれに到達したいと叫ぶせっかちな未熟者だという。確かにコロナ騒動でそれが顕著に表れている。どうすれば感染しないのか、すぐに正解を求める人で溢れている。だから、トイレットペーパーのデマにも気づけなかったのだろう。アニメでは答えが手に入らないがゆえの、幸せが描かれているという。すぐにスマホで答えを検索することが日常である私にとって、とうてい理解することができない幸せなのかもしれない。

一直線ではなく、回り道をしたからこそ得るものもきっとあるはず。この記事を読んで自分の生き方を見直すいいキッカケとなった。そして、「イエスタデイをうたって」のアニメをすぐに見てみようと思う。つながりすぎていない世界の素晴らしさを私も感じてみたい。と言っている私も、アニメにすぐ答えを求める未熟者のままのようだ。

朝日新聞札幌中央販売(株)

2020年4月入社:秋山 大地