港の牡蠣センター 【カキ小屋】

港の牡蠣センター 【カキ小屋】

人の行かぬ道に咲く「花の道」とはこの事?

毎朝、釧路は仙鳳趾から届く新鮮な牡蠣!

漁港並みの新鮮さで豪快なガンガン焼きをリーズナブルに味わえる【カキ小屋】

札幌市中央卸売市場の小竹・飲食店ブロック 卸売センター内の少し目立たない場所に
新鮮な牡蠣が味わえる通の店がある。表通りの賑やかなメインストリートの裏側
から一歩足を踏み入れると、昭和ノスタルジーな雰囲気の立ち飲み居酒屋を思わせるその店は
ひっそりと佇んでいた。

市場と言えば早朝から午後早い時間にクローズする店舗が多い中、こちらのカキ小屋さんは夜22時まで営業しているという。知る人ぞ知る名店である。

カキ小屋の店長さんはにこやかな笑顔で「まず、まずいなんて言われた事ないよ!」
とカキの新鮮さと味への自信を滲ませた。毎朝、北海道釧路市の仙鳳趾や厚岸から届く新鮮な牡蠣はその新鮮さから苦みが殆ど無く、海鮮がこれまで苦手だった方にも楽しんで頂ける美味しさだと言う。

昭和の雰囲気でぶらり立ち飲みもよし、グループや団体で賑やかにも。

【どこか懐かしい雰囲気♪】        【実は2階もあります!団体様OKお問合せ下さい。】

 

 

 

 

 

 

 

 

港の牡蠣センター 【カキ小屋】
〒060-0011
札幌市中央区北11条西22-1-26 卸売センター内
TEL011-622-1226
FAX011-622-1226

朝9時~15時(14時30分ラストオーダー)
夜17時~22時(21時00分ラストオーダー)

定休日 水曜日