朝カフェ(2020年12月)  励まされ、支えられながら、その先へ

朝カフェ(2020年12月) 励まされ、支えられながら、その先へ

週末、時間があれば豊平川沿いを趣味で走っている。2019年夏からだから、もう1年半ほどになる。

走りだすとすぐに止まりたくなり、まだフルマラソンを走りきる自信も力もない。そんなぐうたらランナーでも続けている理由の一つは、コースの魅力にある。視界いっぱいに広がる空、豊かな川の流れ。夏は草いきれを鼻に感じ、秋は色づいた落ち葉をシャッシャッ、と踏みしめる。余裕などないつもりが、意外にも札幌の四季を楽しんでいたのかもしれない。

冬は、雪の堆積場になるため通行できなくなる河川敷に代わり、堤防の上の歩道を走る。そこで昨季気づいたのが、ある看板だった。

道路沿いの生コン工場の建物にそれはあった。「歓迎 走れ札幌」と書かれた縦型と横型の二つが、ランナーの見上げる位置に据え付けられている。近づくほど、武骨で冷たい雰囲気だった工場に励まされている気持ちになる。

工場を持つ岡本グループによると、看板を設置したのは20年1月。東京五輪のマラソンと競歩の札幌移転が決まってまもないころだが、ここはどちらのコースでもない。なぜ設置したのだろう。

中核の岡本興業(札幌市南区)に尋ねた。「五輪はもちろん、新幹線の札幌延伸を歓迎する意味もあります。市民ランナーも含め、いろんな『走る』を支えたい」と管理部長の五日市修さんは言う。

「コロナに負けず、頑張っていきましょう‼」。東京と行き来した機内で、乗務員にもらったキャンディーの紙コップに、自筆らしい文字があった。利用者が減って減便を強いられ、自身も不安を抱えているだろうに。そのコップは今も机上に置いている。

気づかないうちに私たちはだれかに励まされ、支えられている。コロナ禍の闇はいつ明け、その先に何があるかまだ見えないが、そんなだれかを励まし、支えることこそ自分の仕事、と胸に刻む。

朝日新聞北海道報道センター記者 片山健志

 

【写真説明】

生コン工場の建物に掲げられた「歓迎 走れ札幌」の看板=札幌市南区