円山茶寮(まるやまさりょう)

円山茶寮(まるやまさりょう)

時計を外して懐古する

珈琲、音楽、そして甘味。

昭和62年(1987)に古民家を再利用してオープン。日本がバブル景気に沸いていた時期です。
洋画ではトム・クルーズの「トップガン」がヒットした年というとイメージ出来るミドル世代も
多いのではないでしょうか。そう考えると、歴史あるカフェですね。
古民家カフェが流行する前から時代を先取りされていました。

オーナーの村田さん曰く、当時はファミリーレストランなどのチェーン店が次々と軒を連ね、
昭和の時代を台頭していた「歌声喫茶」や「ジャズ喫茶」のような喫茶店文化が次々と廃れ、
古きよきものが失われつつある時代だったといいます。
そんな中、昭和の雰囲気を残した喫茶店を作りたい、そんな思いでオープンしたそうです。
創業当初からある「いちごぜんざい」は甘すぎない和デザート。

〆パフェならぬ〆和甘味なんて如何?

と深夜12時まで営業のカフェならではのキャッチコピーが浮かんで来ますが、
オーナーの村田さんはいたって硬派な喫茶店を貫きたい姿勢の様子。

ひとりでふらり、訪れるお客様の時間を。
かけがえのないゆったりとした時間を過ごしてほしい。
その為の、珈琲であり、甘味であると言います。

しかしながら、このいちご善哉。
いちごアイスの上に十勝産小豆がたっぷりと入り、その上に山盛りのいちごソース。
甘味といえどもなかなかのボリュームで満腹感があります。
甘すぎない小豆と、別添えのお漬物の塩味がいちごの美味しさを引き立ててくれます。

ふらり、また訪れたくなるカフェです。

 円山茶寮(まるやまさりょう)※営業時間 短縮となっております。
【住所】北海道札幌市中央区北四条西27-1-32
【交通】地下鉄:東西線「西28丁目駅」から徒歩約4分
【駐車場】あり(無料)
【定休日】木曜日(祝日の場合は営業)
【営業時間】11時~24時(2020年6月から当面の間22時までに変更)
【電話番号】011-631-3461
 ※全面喫煙可 (時々 猫さん)